よるとあさの歌|はらだ【2巻】

Ec という感じで2冊目が出てるんですが
温度差で私がグッピーなら死んでたところだ。

モテたくてモテたくて隙あらばファンを食ってるバンドマンの朝一君(※彼が見事な下衆要員です)と
朝一君に憧れて憧れて盲目的に追いかけてきたヨル君のお話。

ほんとはらだ先生の下衆とかクズとかヤンデレはすごいな……。
今回全然関係ないけど、ヤンデレ好きなら「カラーレシピ」も良いっすよ。

蜘蛛の巣にかかった獲物がくるくる糸にまかれて身動き取れなくなってく様子をひたすら見せられてるような作品でした。

 

で、よるとあさの歌 の作品自体は1冊目ですごくキレイに完結してるように思うんだけど
Encoreの破壊力がすごい。
1巻は「なるほど下衆い」「確かに下衆い」からの「い、いくら下衆でもさすがにやりすぎでは……?」て何かちょっとハラハラ通り越して心が痛くなってくる状態なんですが、
それを通り抜けての2巻・アンコールはもう終始
「甘い」「甘い」「幸せそう」「可愛い」「幸あれ」になるんですよ。
何があったんだよお、全部描いてあるよありがとうございます!!!!!
死んじゃうだろこれ、全グッピー死んじゃうよ。

1巻は結構暴力表現が容赦ないのでちょっと苦手な人には注意が必要かもしれない。
でもはらだ先生の「やじるし」が好きなら結構好きなんじゃないかと思います。
こう、好意の矢印が反転する瞬間が見られます。

 

ヨル君の恋心はほんと底なしで、色んなものをすべて捨てて朝一君一本をひたすら追いかけていて
その恋心を真正面から当てられてビビって翻弄されてる様子が描かれてるのが1巻。
その恋心を真正面から受け止め慣れて、ちょっとずつ返せるようになったのが2巻、という感じです。

で、好きなのはEncoreだよ!
めちゃくちゃ好きなのは、ふたりが幸せそうで可愛いっていうのも確かにあるんだけど
1巻では「モテたい」一心だった朝一君含むバンドが
少しずつ有名になったり前に進んでいる様子が描かれているところもすごく好きなんだ。
推したい、君たちを箱で推したい。
私はカヨイ君推しです(※彼女持ちの余裕/バンドのマネジメントを背負う大黒柱/その柱を彼女にも振りすぎて『楽器弾けるフリーターは黙っとれ』されてた)

Ecのすごいところは、朝一君とヨル君…というよりも朝一君がヨル君を大切にしていく様子と
バンドの成長が二本立てで描かれていくところなんだ。
ただただ甘くて可愛いだけなら1巻は重たすぎるけど、
1巻でほんと傍若無人に妬み嫉みに独占欲に、色々と全開だった朝一君を見ていたから一層、2巻になって
自分だけを追いかけてきたヨル君や自分自身のためにバンドごと大きくなることを宣言していった朝一君がすごく格好良く見えるんだよ。
それは本当に自分だけを見てたヨル君は、どうなったとしても自分の側にいるのだろうと信頼を寄せられるようになった姿や、
ヨル君のために怒れるようになった姿にもあるし、
でもその怒りも自分勝手なものだったと己を省みれる姿からもすごく感じる。
推したい、君たちを箱で推したい。

あとEncore読んでつくづく思ったのが、はらだ先生の会話の温度感が本当に魅力的だということ。
声音が見えるというか、情報や感情をやり取りするための会話というよりも
声帯から出ている「声」をすごく感じられる。
特にEncoreの朝一君がすごくて、ヨル君の呼びかけに応える「なーに」。
「なーに」「なあに」。これすごくない? もうこれ、声が聞こえない?
宥めつつ甘やかしてる声だよこれ!!!
甘やかしてる!!!! 朝一君が!!!! ヨル君を!!!!!!!!
もうこの反応だけでも、どれだけ朝一君とヨル君が近くなったのか分かるよお……。
幸あれ……。

Ece読んでると自分の反応が完全に気持ち悪いファンのそれになるのも愉快。

 


↓応援ぽちっとして貰えるととても喜びますヾ(*´∀`*)ノ
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ 

おすすめ